S R (スライド)

 

 

主要仕様
コードNo. M.T A B C C1 D E e(MAX) L センターの
振れ(最大)
シール付
RSR3-001 RSR3-301 No.3 37 20 86 5 44 24 3 154 TIR0.01
RSR4-001 RSR4-301 No.4 42 *24 108.5 5.3 50 28.5 3 187
RSR5-001 RSR5-301 No.5 64 35 138 6.3 69 43 4 250
 * シール付は20
単位はmm また寸法は設計変更により変わることがあります)超硬チップ付きも製作しております。
水溶性切削油ご使用の場合はシール品とご指定ください。
特長 

最高使用回転数()No.3・3500/No.4・3000/No.5・2500

切削中に発生する加工熱による工作物の伸びをセンターに内蔵されている皿バネなどにより吸収するため、工作物のひずみが無く仕上げ精度が良くなります。
工作物の伸びにより発生するスラスト荷重もスラスト機構により吸収し、直接ベアリング荷重がかからないよう設計されております。

ご使用について
組み付けスラスト初圧はNo.3=50Kg、No.4=100Kg、No.5=200Kgに設定されておりますので、加工物をセットされましたら 0.5mm〜1mm程度押し込んで使用してください。なお、MAXストローク(e寸法、キャップよりレッドラインまでの長さ)以上押し込んで使用されますと本機種の 価値が発揮されませんのでご注意ください。

組み付け初圧について
アルミ・合金・プラスチック材の切削加工にご使用される場合にはバネ圧を低く設定できますのでご指示ください。
刃物台にてご使用の場合
刃物台、サブスピンドルのチャック等にアダプターやホルダーを装着してご使用される場合、機械メーカーにお問い合わせの上ご使用するようお願いいたします。

 

 



二村機器株式会社
eagle@futamurakk.co.jp